捨て猫日記。

ワンとニャンとワイと。

この日の後悔は半端ない⑵

 

パッと起きて、まず目に入ってきたのは

茶トラ♀の嘔吐。吐いているのは

ミルクではなく胃液。

 

 

医療の現場で働いてるから

すかさず目に入った情報からアセスメントするけど

なんし人間と猫は違うからわからない。

 

とりあえず茶トラ♀をタオルでくるみ

温タオルで身体の清拭。

 

胃液を吐いた、脱水、ミルク飲めてなかった、低血糖……

 

と色々考え

とりあえず再びミルクを湿らせた綿棒を口に含ませます。

 

でも開かない。口が開かない。

無理やりこじ開けても、ゴックンしてくれない。

 

急いで泊まった動物病院のサイトにアクセス。

再診のみ時間外受け付け。

 

時間は夜中の2時。

 

こんな時間にかけていいのか……?

でも時間外対応してる……。

普通は時間外対応してるなら診てくれるよね?

 

とりあえず電話をかけるも繋がらない。

茶トラ♀はあたしの腕の中で一生懸命呼吸してる。

 

子猫をタオルに包んで抱っこして

他に診てくれる病院がないか探す。

けど距離的に到底連れていけない。

どんどん呼吸が弱く、四肢に力が入らなくなっている茶トラ♀。

 

長い4時間半。

 

頑張れー、頑張れー!って声かけながら

動物病院に電話をかけながら

自分の無力さを感じながら

ただ見守ることしか出来ず

 

茶トラ♀は眠るように息を引き取りました。

 

 

悲しいけど

悲しんでる暇は無い。

 

2匹の兄弟がゴソゴソ動き出してる。

 

 

小さな小物入れに茶トラ♀を入れて

 

ミルクの準備をしようとしました。