捨て猫日記。

ワンとニャンとワイと。

捨て猫を拾った日。

 

この日はいつも行くペスくん(ウェルシュコーギー)の散歩ルートを変えよう!!

 

と思い立って、目の前にあるのに普段歩かない大きな公園に行きました。

 

公園入口にて、子供が何やら騒いでいて

お節介BBA根性で

「どうしたのー?」と声をかけたんです。

 

「猫が捨てられてて……」

 

見てみるとポリ袋に捨てられた子猫達。

 

あらあらー可哀想に……と思いながら

子供達が一生懸命子猫と向き合う姿を見て

大人は口出ししないでおこう。

 

そう思ってその場を後にしました。

 

 

そんで1時間後くらいかな?

帰り道、子猫達はどうなったか気になり

捨てられた場所に行ってみると

ポリ袋と子供達が残したであろうミルクが入った容器が捨てられてました。

 

(なんや、子供が引き取ったんか。)

 

そう思ってその場を離れようとした時

ポリ袋からゴソゴソッと音がしたんですね。

 

まさか、とポリ袋を開けてみると

衰弱しきって鳴こうにも声が出ない子猫が3匹。

 

f:id:ti_da8:20170523151626j:image

 

子供達ではどうしようも出来なかったんやろね。

 

とりあえず3匹、無我夢中でペスくんのお散歩バックに詰め込んで

Twitterでパニックに呟きながら

お家に駆け足で戻りました。

 

Twitterの相互さんから

猫に関するアドバイスを受けながら

温めたミルクをあげると

弱々しくも鳴き始めた子猫達。

 

そして体も温まって少し活気が出たのか

室内を歩き回るようになりました。

 f:id:ti_da8:20170523151652j:image

 

よかった!!!!!フォロワーさんありがとう!!!!!

なんとも言えない高揚感に包まれて

とりあえずユメ(チワワ)と面会。

 

普段独占欲の強いワガママ姫やから

威嚇するかなー、怖いなー。

と思いハラハラしてましたが

なんとユメさん、子猫を守るように寄り添ったんですよ。

 f:id:ti_da8:20170523151803j:image

ペスくんが好奇心で近付こうもんなら

そっちに威嚇威嚇威嚇&威嚇。

 

完全に母の顔になっていました。

 

里親どうしよう……

 

そんな不安がチラつきながらも

我が家の子猫共同生活が始まりました。

f:id:ti_da8:20170523151545j:image